構造研究グループ

構造研究グループでは、港湾・空港・海岸等構造物の構造設計と維持管理に関する研究を行っています。構造設計分野では、設計・照査手法の高度化や新形式構造の開発を、維持管理分野では、保有性能評価・予測、点検診断、補修・補強などの要素技術の開発とその体系化を目指しています。

構造研究グループ(Webサイト)

メンバー紹介(研究分野)

ごあいさつ

グループ長  加藤 絵万
構造研究グループでは、確固たる信念、主義・主張をもって研究に取り組むとともに、成果については質の高い論文として可能な限り早く世に出すことに努めています。また、様々な形での行政支援や国際協力にも力を入れています。

主任研究官  川端 雄一郎

主任研究官  宇野 健司

研究官  染谷 望

研究官  田中 豊

主な研究内容

 構造研究グループ(Webサイト)

研究施設

研究施設の詳細は、「研究施設のご紹介」でご覧いただけます。

大型構造実験施設
長期暴露試験施設
高性能コンクリート実験施設
波崎海洋観測センター

お問い合わせ


お問い合わせ

ページの先頭へ戻る