耐波研究グループ

耐波研究グループでは、防波堤などの港湾構造物の波に対する安定性に関する研究を行っています。波の力は、構造物だけでなく海底地盤にも作用し、吸い出しや洗掘などの現象が発生します。このような波と地盤と構造物の相互作用のメカニズムを解明するため、大型の実験施設を用いた模型実験や、高精度な数値計算モデルの開発を行っています。

耐波研究グループ(Webサイト)

メンバー紹介(研究分野)

ごあいさつ

グループ長 鈴木 高二朗 
防波堤は、波が港内に進入するのを防ぎ、港内を静穏に保つために欠かせない港湾構造物です。耐波研究グループは、より合理的で信頼性の高い防波堤の設計法の確立を目指して、様々な研究に取り組んでいます。

研究官  岡田 克寬

研究官  窪田 幸一郎

研究官  鶴田 修己

研究官  喜夛 司

研究施設

研究施設の詳細は、「研究施設のご紹介」でご覧いただけます。

大規模波動地盤総合水路
総合沿岸防災実験施設
105m水路

お問い合わせ


お問い合わせ

ページの先頭へ戻る