海洋利用研究グループ

海洋利用研究グループでは、我が国における沿岸域を含む広大な海洋が有するエネルギーや資源を積極的に利活用していくことを目的として研究を進めています。

海洋利用研究グループ(Webサイト)

メンバー紹介

ごあいさつ

グループ長 米山治男
島国である我が国の周辺海域には、波浪・風などの自然エネルギーや海底熱水鉱床、コバルトリッチクラストなどの海底鉱物資源が豊富に存在しています。これらのエネルギーや資源を有効利用するための開発拠点の整備といった観点から、今後、離島における船舶の安全な係留技術の開発に取り組んでいきます。

主な研究内容

  • 海洋エネルギー(波力発電・洋上風力発電)の港湾への実用的利活用に関する研究
  • 海洋資源開発拠点としての遠隔離島の利用に関する研究
  • 離島における船舶の係留技術の開発に関する研究

お問い合わせ


お問い合わせ

 

ページの先頭へ戻る