波浪研究グループ

波浪研究グループでは、海の波に関する研究を行っています。港や海岸近くの海の波は、岬や防波堤、海底の地形などの影響を受けて、進む方向や波の形・高さが複雑に変化します。このような波から港や海岸を守り、安全に利用するために、高精度な数値計算モデルの開発や、大規模な実験施設の維持・改良を行うとともに、これらを駆使した様々な波浪現象の解明や波浪制御技術の研究・開発を行っています。

波浪研究グループ(Webサイト)

メンバー紹介(研究分野)

ごあいさつ

グループ長 平山 克也
子供の頃の遊びで、バケツで流した水が砂場の山を崩し、川幅を拡げるようすがとても面白かったのを今でもよく覚えています。振り返れば、これも大学で土木工学を専攻する1つのきっかけとなったのでしょう。海の波は、海岸の地形を変化させる力を持っています。港に船が着けるのは、防波堤で波をさえぎっているおかげです。このような海の波の研究を通じて、人々の暮らしがさらに豊かになればと願っています。

主任研究官 加島 寛章(土木工学)

研究官 剣持 知浩

研究官 中村 聡孝

研究官 相田 康洋

主な研究内容

沖合空港島が波浪・河川流に与える影響
写真
空港の沖合拡張事業に際して、大規模な平面模型実験を実施しました。

海上空港の進入灯点検桟橋に作用する揚圧力
写真
空港護岸から突き出た桟橋に作用する波による揚圧力を計測しました。

複雑な海底地形による波の集中・越波
写真
近年増加傾向にある周期の長いうねりの変形機構の解明に取り組んでいます。



波浪変形計算モデルの高度化
写真
異なる複数の沖波が作り出す複雑な波の分布と波形を再現します。

風波・うねり、長周期波に対する港内静穏度
写真
船が岸壁を利用できる日数を評価し、必要な対策を提案します。


リーフ上護岸の設計波
写真
リーフによる波の減衰と再生、水位の長周期変動を算定します。

研究施設

研究施設の詳細は、「研究施設のご紹介」でご覧いただけます。

環境インテリジェント水槽
デュアルフェースサーペント水槽
35m二次元水路

お問い合わせ


お問い合わせ

ページの先頭へ戻る