海象情報研究グループ

海象情報研究グループは、全国港湾海洋波浪情報網(ナウファス)で観測された波浪・潮位等の観測データの解析を行っています。
ナウファスで観測されたデータは、気象庁による波浪予報に活用され海の安全に貢献するとともに、蓄積された長期間のデータの統計解析を通じて、港湾・海岸・空港事業の計画・調査・設計・施工をはじめとした、沿岸域の開発・利用・防災に、幅広く活用されています。

海象情報研究グループ(Webサイト)

メンバー紹介(研究分野)

ごあいさつ

グループ長 川口浩二
2011年4月から海象情報研究グループのグループ長を拝命しました。当グループでは、ナウファスで観測された日本沿岸の海象観測データの処理解析という、一見、地味(?)な研究業務を長年に渡って実施していますが、港湾の仕事に携わる者にとって、波浪などの海象情報は最も重要な情報です。歴代の偉大な諸先輩方の良いところは真似つつ、新しいことにも取り組んでいきたいと思っています。

研究官 櫻庭 敏

研究官 藤木 峻

研究官 田村 仁

主な研究内容

NOWPHASによる日本全国の波浪統計写真
NOWPHASの波浪計(海象計、GPS波浪計など)で観測したデータから全国の各港湾の波浪の出現特性を明らかにしています。

波浪推算による日本沿岸の波浪特性の解明
写真
第3世代波浪推算モデルWAMを用いて日本沿岸の波浪特性を検討しています。

気候変動に伴う海岸・港湾施設に作用する海象外力の変化
写真
確率台風シミュレーションによって気候変動による海象外力の変化を推定し、海岸・港湾施設の安全性に及ぼす影響を検討しています。

研究施設

研究施設の詳細は、「研究施設のご紹介」でご覧いただけます。

アシカ島海象観測ステーション
検潮所

お問い合わせ


お問い合わせ

ページの先頭へ戻る