海洋情報・津波研究領域長  河合 弘泰 (かわい ひろやす)

略歴

1992年4月 運輸省港湾技術研究所 水工部波浪研究室研究官
1998年4月 運輸省港湾技術研究所 水工部主任研究官(波浪災害解析担当)
2001年4月 独立行政法人港湾空港技術研究所 海洋・水工部主任研究官(防災評価担当)
2005年4月 独立行政法人港湾空港技術研究所 海洋・水工部海洋水理・高潮研究室長
2008年4月 独立行政法人港湾空港技術研究所 海洋・水工部海象情報研究領域
海象情報研究チームリーダー,海象情報研究領域長心得兼務
2009年11月 博士(工学)取得(九州大学)
「高潮数値計算技術の高精度化と気候変動に備えた防災への適用」
2012年4月 独立行政法人港湾空港技術研究所 海洋情報研究領域長
2014年4月 国土交通省 九州地方整備局鹿児島港湾・空港整備事務所長
2017年1月 国立研究開発法人海上・港湾・航空技術研究所港湾空港技術研究所 
海洋情報・津波研究領域長

研究分野

  • 高潮の数値解析・被災調査
  • 波浪・潮位の統計解析
  • 気候変動が波浪・高潮に及ぼす影響 

研究実績

主要な英文論文

  • Kawai, H., Seki, K. and Fujiki, T. (2014): Storm surges in Leyte Gulf, Philippines caused by 2013 Typhoon Haiyan and major typhoons with similar tracks, Proceedings of the 24th International Offshore and Polar Engineering Conference (ISOPE2014), Vol.3,pp.845-852. ISBN 978-1 880653 91-3 (Set); ISSN 1098-6189 (Set) *Keynote paperとして*
  • Kawai, H., Satoh, M., Kawaguchi, K. and Seki, K. (2014): 2010 Chile and 2011 Tohoku Tsunami profiles measured by GPS buoys and coastal wave and tide gauges in nationwide ocean wave information network for ports and harbors, Journal of Waterway, Port, Coastal, Ocean Engineering, ASCE, Vol.140(2), pp.135–145. DOI: 10.1061/(ASCE)WW.1943-5460.0000235. *ICCE2012での論文発表後にCoastal Engineering Research Councilの推薦を受けて投稿*
  • Kawai, H., Satoh, M., Kawaguchi, K. and Seki, K. (2013): Characteristics of the 2011 Tohoku tsunami waveform acquired around Japan by NOWPHAS equipment, Coastal Engineering Journal, Vol.55, No.3 (2013) 1350008 (27p.), World Scientific Publishing Company and Japan Society of Civil Engineers, DOI: 10.1142/S0578563413500083. *Coastal Engineering Journal Award 2013と日本海洋工学会JAMSTEC中西賞を受賞*
  • Kawai, H., Satoh, M., Miyata, M. and Kobayashi, T. (2012): 2010 Chilean Tsunami observed on the Japanese coast by NOWPHAS GPS buoys, seabed wave gauges and coastal tide gauges, International Journal of Offshore and Polar Engineering, ISOPE, Vol. 22, No.3, pp.177-185.
  • Kawai, H., Hashimoto, N. and Yamashiro, M. (2012): Real-time probabilistic prediction of storm water level at Japanese ports, International Journal of Offshore and Polar Engineering, ISOPE, Vol.22, No.1, pp.30-37.
  • Kawai, H. (2000): Variation of sliding failure probability of breakwater caisson due to global warming, Journal of Global Environment Engineering, JSCE, Vol.6, pp.65-80.

主要な和文論文

  • 河合弘泰・有川太郎・本多和彦・淺井 正・藤木 峻・桑島隆一 (2014):台風1330号の風・波浪・高潮によるフィリピンの港湾の被災の現地調査,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.70,No.2,I_1436-I_1440.
  • 河合弘泰・関 克己・藤木 峻 (2014):台風1330号によるフィリピン中部の高潮・波浪特性,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.70,No.2,p. I_221-I_225.
  • 河合弘泰・川口浩二・関 克己・猪俣 勉 (2013):NOWPHASのGPS波浪計と沿岸波浪計の観測値に基づく日本沿岸の波パワー,土木学会論文集B3(海洋開発)特集号, Vol.69, No.2,I_7-I_12.
  • 河合弘泰・森屋陽一・水谷法美・横田 弘 (2012):海岸保全施設の長寿命化の検討に用いる将来の潮位・波浪条件に関する考察,土木学会論文集B3(海洋開発)特集号,Vol.68,No.2,I_995-I_1000.
  • 河合弘泰・佐藤 真・川口浩二・関 克己 (2011):GPS波浪計で捉えた平成23年東北地方太平洋沖地震津波,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.67,No.2,pp.I_1291-1295. *第58巻(2011年度)海岸工学論文賞を受賞*
  • 合田良実・久高将信・ 河合弘泰 (2011):地域頻度解析手法による日本海沿岸の確率波高の推計とL-モーメント法の改良,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.67,No.2,pp.I_141-I_145.
  • 河合弘泰 (2010):高潮数値計算技術の高精度化と気候変動に備えた防災への適用,港湾空港技術研究所資料,No.1210,97p. *学位論文の書式を変えたもの*
  • 河合弘泰 (2009):高潮対策施設のアセットマネジメントのための海象外力に関する考察,海洋開発論文集,第25巻,pp.163-168.
  • 河合弘泰・川口浩二・大釜達夫・友田伸明・萩元幸将・中野俊夫 (2007):経験的台風モデルと局地気象モデルの風を用いた瀬戸内海の高潮推算精度,海岸工学論文集,第54巻,pp.286- 290.
  • 河合弘泰・橋本典明・松浦邦明 (2007):確率台風モデルを用いた西日本の内湾の海上風速と高潮偏差の試算,第15回地球環境シンポジウム講演論文集,pp.171-176. *平成19年度地球環境講演論文賞を受賞*
  • 河合弘泰・川口浩二・橋本典明 (2003):台風による内湾の波浪・高潮の双方向結合推算モデルの構築と台風9918号を例とした追算,海岸工学論文集,第50巻,pp.296-300.
  • 河合弘泰・平石哲也・丸山晴広・田中良男・古屋正之・石井伸治 (2000):八代海と周防灘における台風9918号の高潮・波浪災害の現地調査,海岸工学論文集,第47巻,pp.111-315.

ページの先頭へ戻る