耐震構造研究グループ

耐震構造研究グループでは、港湾・空港施設の地震災害の防止および耐震設計に関する研究開発を行っています。最近では特に、耐震性能照査技術の高度化、港湾における荷役機械の耐震性向上に関する技術開発、空港施設耐震化のコスト・工期縮減に資する技術開発などについて取り組んでいます。

地震動研究・耐震構造研究グループ(Webサイト)

メンバー紹介(研究分野)

ごあいさつ

グループ長  小濱 英司
港湾や空港は、その耐震性を向上させることで、地震発生時において直後の救援・緊急復旧活動や、本格復興において重要となる物資や人員の輸送拠点の役割を果たすことができます。阪神淡路大震災の際も、神戸港を通じた海上からの輸送が被災地の救援や復興に大きく寄与しました。当研究グループでは、限られた予算の中、効率的に施設の耐震強化ができるよう新たな技術開発を行っています。

主任研究官  大矢 陽介 (地盤地震工学)

研究官  伊藤 広高

研究官  近藤 明彦

主な研究内容

写真

地震災害調査

現地調査に基づき地震時の港湾・空港施設の被害の実態を把握

写真:荷設機械

レベル2地震に対応した荷役機械への
免振・制振技術の適用に関する研究

レベル2地震動に対応した荷役機械の開発を実施

研究施設

研究施設については、当研究グループWebサイトでご覧いただけます。

研究施設(地震動研究・耐震構造研究グループ Webサイト)

お問い合わせ


お問い合わせ

ページの先頭へ戻る