地震動研究グループ

東海地震や内陸活断層地震などの想定地震に対して港湾・空港施設の被害程度を制御することは重要な課題です。これを支える2本の柱の一つは想定地震による港湾・空港での揺れを予測する技術であり、もう一つはこの揺れに対して構造物-地盤系の応答を予測する技術です。地震動研究チームではこのうち前者に力点を置き、港湾地域強震観測網などによる観測記録を活用することにより、実証的な研究を進めています。

地震動研究・耐震構造研究グループ(Webサイト)

メンバー紹介(研究分野)

ごあいさつ

グループ長  野津 厚
想定地震による揺れを予測する技術は、比較的最近になって発展してきたものであるため、実務者の間にまだ十分浸透していない面がありますが、国民生活の安心・安全のためには必要な技術です。例えば土質調査技術が土木技術の一部であるように、地震動予測技術もまた土木技術の一部として溶け込み、全国津々浦々でごく普通に使われるようになることが望ましいと考えています。そのために出来ることを行っていきたいと思います。

研究官  長坂 陽介

主な研究内容

港湾地域および空港における強震観測と記録の整理解析
写真
港湾地域強震観測網などを活用した強震観測を実施

大きな延長を有する施設に適した照査用地震動設定手法の開発写真
大きな延長を有する施設の照査用地震動を効率的に設定する方法を検討

 

研究施設

研究施設については、当研究グループWebサイトでご覧いただけます。

研究施設(地震動研究・耐震構造研究グループ Webサイト)

お問い合わせ


お問い合わせ

ページの先頭へ戻る