港湾空港生産性向上技術センター

港湾空港生産性向上技術センター

 港湾及び空港の「生産性向上」を技術面で支えていくため、港湾空港技術研究所は、平成29年4月1日に「港湾空港生産性向上技術センター」を新たに設立し、活動を開始いたしました。

ごあいさつ

センター長 栗山 善昭

 我が国が人口減少時代を迎える中、経済成長の実現に向け、国土交通省は、生産性革命に資する施策を強力かつ総合的に推進するため、平成28年3月7日、「国土交通省生産性革命本部」を設置しました。                        これを踏まえ、港湾空港技術研究所は、港湾及び空港に関する技術者・労働者の減少、老朽化インフラの増大、被災後の迅速な機能復旧等に所内横断的に対応するため、平成29年4月1日に港湾及び空港の生産性向上を技術面で支援する「港湾空港生産性向上技術センター」を新たに設置し、活動を開始いたしました。 

メンバー紹介(研究分野)

 

副センター長(併任) 吉江 宗生        

副センター長(併任) 松本 さゆり(海洋工学、海洋音響学)

上席研究官(併任) 鈴木 高二朗(海岸工学、環境水理学)

上席研究官(併任) 小濱 英司( 地盤地震工学)

上席研究官(併任) 加藤 絵万(コンクリート工学、維持管理工学)

上席研究官(併任) 中村 聡志(海岸工学)

主任研究官(併任) 大矢 陽介(地盤地震工学)

主任研究官(併任) 宇野 健司        

主任研究官(併任) 川端 雄一郎(コンクリート工学、構造工学)

主任研究官(併任) 田中 敏成(知能機械学、ロボット工学応用(水中ロボット))

主任研究官(併任) 平林 丈嗣(機械工学、自動制御、操作インタフェース)

研究官(併任)    虻川 和紀(水中音響工学、計測工学)

 

 

ページの先頭へ戻る