「海洋インフラ・洋上風力技術センター」の活動開始について(お知らせ)

平成29929

 国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所

 

 

我が国にとって最重要施策の一つである「海洋の開発・利用推進」を技術面で支えるとともに、近年、我が国においても実施段階を迎えている洋上風力発電の更なる導入推進を技術面で支えるため、港湾空港技術研究所は、これまでの「海洋インフラ技術推進センター」を改称し、平成29年10月1日に「海洋インフラ・洋上風力技術センター」として、新たに活動を開始いたします。

 

平成25年の海洋基本計画(閣議決定)策定を機に、海洋利用の重要性がますます高くなってきたことを背景として、港湾空港技術研究所では、「海洋の開発・利用推進」をさらに技術面で支えていくため、平成26年4月1日に「海洋インフラ技術推進センター」を設立し、活動して参りました。

一方、近年、我が国において洋上風力発電プロジェクトが実施段階を迎え、その技術支援ニーズが増大しつつあることから、港湾空港技術研究所は、洋上風力発電の更なる導入推進についても技術面で支えるため、これまでの「海洋インフラ技術推進センター」を改称し、平成29年10月1日に「海洋インフラ・洋上風力技術センター」として、新たに活動を開始いたします。

 

  1. 名称: 海洋インフラ・洋上風力技術センター

  

  2. 運営方針:

       ①海洋の開発・利用の促進のために、海洋の拠点としての離島の役割は非常に重要です。離島を海洋

      開発・利用の拠点としてふさわしいインフラの整備を技術面から支援します。また、離島を拠点として、

      EEZ内の海洋情報の充実に貢献します。     

      ②これまでの港湾の技術をもとに、新たな海底工学や深海工学の創成とその発展を図ります。

       ③洋上風力発電施設の円滑な導入を技術面から支援します。

 

  3. 重点課題:

・ 遠隔離島等の外洋港湾の整備に関する研究・技術支援

・ 離島等を利用した海洋観測

・ 港湾を拠点とした海洋・海底資源利用に関する研究・技術支援

・ 洋上風力発電施設の波浪応答特性、基礎構造等に関する研究・技術支援

 

  4. 組織体制

総員12名(逐次、更なる増強を予定)。

センター長: 1名(特別研究主幹 下迫 健一郎)     副センター長: 2名 

研究員: 9名(領域長・グループ長6名、主任研究官3名) 

  <添付資料>海洋インフラ・洋上風力技術センターについて (別紙) 

【問い合わせ先】

 国立研究開発法人海上・港湾・航空技術研究所 港湾空港技術研究所                                                    

                                                    (代表)046-844-5010      

海洋インフラ・洋上風力技術センター               管理調整・防災部 企画調整・防災課

 副センター長 森川 嘉之  (内)5510              課長 野田 厳 (直通)046-844-5040

 副センター長 松本 さゆり  (内)5610 

 

ページの先頭へ戻る