「臨海部埋立地のコンビナート施設を対象とした液状化(耐震)診断・対策技術の大規模実証実験」公開実験のお知らせ

平成29年2月3日
国立研究開発法人海上・港湾・航空技術研究所 港湾空港技術研究所
国立研究開発法人防災科学技術研究所

国立研究開発法人海上・港湾・航空技術研究所 港湾空港技術研究所、消防庁消防?学校 消防研究センターおよび国立研究開発法人土木研究所は、内閣府総合科学技術・イノベーション会議の戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)「レジリエントな防災・減災機能の強化」(管理法人:JST)において、臨海部埋立地のコンビナート施設を対象に、経済活動に対する深刻な影響が発生する事態を防止・軽減することを目的とした「大規模実証実験等に基づく液状化対策技術の研究開発」に取り組んでいます。

今回、国立研究開発法人防災科学技術研究所と連携し、実大三次元震動破壊実験施設(E-ディフェンス)を活用し、臨海部埋立地のコンビナート施設を対象とした模型振動台実験を行うこととし、この実験を公開します。

1.日時     平成29年 2月23日(木)  12時30分受付開始(13時00分受付締切)

          ※工程の都合上、実施時間が変更される場合があります。

2.場所     国立研究開発法人防災科学技術研究所 兵庫耐震工学研究センター

          〒673-0515 兵庫県三木市志染町三津田字西亀屋1501-21

3.参加申込み 報道機関の方:別添の「プレスご回答用紙」にてFAXでお申込みください。

          事前のご質問に関しては「プレス回答用紙」に添えてご提出ください。

          報道機関以外の方:以下URLよりお申込みください。

          http://www.bosai.go.jp/hyogo/ (要事前登録 定員80名 先着順)

4.内容    別添資料による。

【問い合わせ先】


国立研究開発法人海上・港湾・航空技術研究所 港湾空港技術研究所 小濱 英司、寺田 竜士
電話:046-844-5058 FAX:046-844-0839
E-mail:kohama-83ab@pri.go.jp 、terada-r852a@pari.go.jp
国立研究開発法人防災科学技術研究所 河又 洋介
電話:0794-85-8211(代表) FAX:0794-85-7994
E-mail:e-def@bosai.go.jp

ページの先頭へ戻る