チリ中部沖地震・津波災害に関する第1次現地調査について

平成27年9月18日

国立研究開発法人 港湾空港技術研究所

                                                      国土交通省  国土技術政策総合研究所

        チリ中部沖地震・津波災害に関する第1次現地調査について

 

平成27年9月17日、チリ中部沖でマグニチュード8.3の地震が発生した。この地震に伴う津波によりチリ沿岸部では最大で4mを越える高さの津波が観測されています。港湾空港技術研究所はこれまでチリ国と共同で地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム「津波に強い地域づくり技術の向上に関する研究」を行ってきており、本研究プロジェクトの一環として今回の津波災害の現地調査をチリ国の研究者と共同で実施致しますのでお知らせ致します。

 

 記

 <調査概要>

              期間     :平成27年9月20日~27日

             日調査地 :チリ・コキンボ~バルパライソ周辺の沿岸部

             調査内容  :沿岸部における津波の状況および港湾周辺の被害状況の把握、住民への聞き取り調査

             調査団員  :

             国立研究開発法人 港湾空港技術研究所   海洋情報・津波研究領域 領域長       富田 孝史   

                                                                     海洋情報・津波研究領域 主任研究官   髙川 智博   

                                                                     海洋情報・津波研究領域 研究官       千田 優 

              国土交通省 国土技術政策総合研究所     沿岸海洋・防災研究部  主任研究官    本多 和彦

 

問い合わせ先


国立開発法人港湾空港技術研究所
企画管理部 企画課
課長  谷川 晴一
(代表)046-844-5010(内線5140)、(直通)046-844-5040
アジア・太平洋沿岸防災センター
副センター長  富田 孝史
(代表)046-844-5010(内線5250)、(直通)046-844-5052
(携帯)080-3416-2763

国土交通省 国土技術政策総合研究所
管理調整部 企画調整課
課長  赤城 尚宏
(代表)046-844-5006(内線3131)、(直通)046-844-5019

 

 

ページの先頭へ戻る