平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震による津波のGPS波浪計による観測結果について

平成23年3月28日
独立行政法人 港湾空港技術研究所

国土交通省港湾局は港湾整備に必要な沖合の波浪情報を取得するために日本沿岸にGPS波浪計を設置し、そのデータの集約・解析は独立行政法人港湾空港技術研究所が実施しています。現在12基の観測データが、港湾局のウェブサイトで公開されており、うち11基は気象庁にも提供されております。

このGPS波浪計が2011年3月11日の平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震による津波を捉えました。その観測結果について下記のようにお知らせいたします。

解析結果の概要

1.東北~四国沿岸のGPS波浪計による津波の観測状況

2011年3月11日の平成23年東北地方太平洋沖地震による津波においては、東北沿岸の3基のGPS波浪計が高さ6m程度に達する津波をいち早く捉えた(別紙1)。
なお、GPS波浪計とは、海岸から10~20km沖合に浮かべたブイの上下変動をGPS衛星からの電波によって計測し、波浪や潮汐等の海面変動を観測する 海象観測機器である。ブイで観測したデータは、海沿いの高台に設置した陸上局、港湾事務所を経由して独立行政法人港湾空港技術研究所へ伝送され、気象庁にも 提供されている(別紙2)。現在12基の観測データが港湾局のウェブサイト「リアルタイムナウファス」*でも公開されている(別紙3)。

*リアルタイムナウファス(Web サイト http://www.mlit.go.jp/kowan/nowphas/)

2.岩手南部沖GPS波浪計で捉えた津波波形

岩手南部沖GPS波浪計では、独立行政法人港湾空港技術研究所へのデータ伝送が中断した後も津波が切れ目なく観測されており、6m程度に達する津波の最初の 峰が最大波であったこと、その峰の立ち上がりが非常に鋭かったこと、2010年のチリ津波により長時間に渡って高い津波が継続したことが分かった(別紙1)。
なお、地震発生から30分ほど後からは、東北地方における通信障害等により、東北沿岸のGPS波浪計から独立行政法人港湾空港技術研究所へのデータ伝送が 中断した。陸上局は無停電電源装置を備えており、ブイから受信したデータを保存している可能性がある。そこで、津波後に陸上局にある記録装置を回収し、そこに 記録されていたデータの解析を行ったものである。今後、他の地点についてもデータの解析を予定している。

(別紙1)GPS波浪計による津波の観測結果 (PDF/204KB)

(別紙2)GPS波浪計を活用した沖合波浪観測について (PDF/522KB)

(別紙3)GPS波浪計観測地点一覧 (PDF/146KB)

連絡先


独立行政法人港湾空港技術研究所

海洋・水工部海洋情報研究領域海象情報研究チーム
河合、川口(046-844-5048)

平成23年東北地方太平洋沖地震へもどる

ページの先頭へ戻る