11月4日 港湾空港技術研究所一斉シェイクアウト訓練を実施します!

 この訓練は、日常生活の「その時いる場所」で実際に地震が起きた時、どう対処し、どう行動するかを研究所内で一斉に実施する訓練です。

実施日時

 平成26年11月4日(火) 14:00頃

訓練実施方法

この訓練は、参加者がその場で、地震が起きた時、どう対処し、どう行動するかを実際に実施していただく訓練です。                            訓練実施時間(14:00)に、約1分間、体を守る基本行動(安全行動 1-2-3)をその場で行います。

訓練開始の合図

 平成26年11月4日(火)14時頃、に一斉放送(または、合図)がありますので、これを合図として、約1分間訓練を実施して下さい。

訓練参加者

 港空研の職員及び当日行われる「秋の一般公開」に参加される方を対象といたしますので、ご協力をお願い致します。

訓練実施までに

 ▼こちらから訓練についての案内と事前学習を行うことができます。

 港空研シェイクアウト

▼防災シミュレーター                                                                   内閣府ホームページの防災シミュレーター『震度6強体験シミュレーション』を利用し、具体的な想像もしてみて下さい。身の回りのいろいろな危険を発見できます。

シェイクアウト プラス 1

 本訓練時に実施する基本行動(安全行動1-2-3)で身の安全が確認できたら、その後に行うべき行動を「プラス 1」として考えてみて下さい。なお、港空研シェイクアウトでは、「安否情報確認訓練」を実施しますので、職員の方は所定のアドレスに登録願います。

 シェイクアウトとは・・?

 ShakeOut の詳しい内容や、他の団体等の実施状況については、こちらでご確認いただけます。                                            

 日本シェイクアウト提唱会議WEBサイト

今回の訓練は、「効果的な防災訓練と防災啓発提唱会議(略称;ShakeOut 提唱会議)の公認を受け実施する訓練となります。」 一人でも多くの方の参加をお願いします。

 

ページの先頭へ戻る