チリ中部沿岸で発生した地震による津波の GPS波浪計による観測結果について

平成22年3月12日
国土交通省 港湾局
独立行政法人 港湾空港技術研究所

チリ中部沿岸で発生した地震による津波の
GPS波浪計による観測結果について

国土交通省港湾局は、港湾整備に必要な沖合の波浪情報を取得するために、日本沿岸にGPS波浪計を設置し、テ゛ータ の集約・解析については独立行政法人港湾空港技術研究所が実施しています。現在11基の観測テ゛ータが港湾局のウェフ゛サイト で公開されており、気象庁にも提供されております。

このGPS波浪計により、2010年2月27日にチリ中部沿岸で発生した地震による津波を捉えました。その観測結果について 下記のようにお知らせいたします。また、独立行政法人港湾空港技術研究所が、GPS波浪計の観測テ゛ータと津波の数値 計算結果との比較を行いましたので、その中間報告をいたします。

1.GPS波浪計による津波の観測結果

GPS波浪計とは、GPS衛星を用いて沖合に浮かべたブイの上下変動を計測し、波浪や潮汐等の海面変動を直接 観測する海象観測機器です(別紙1)。現在11基の観測テ゛ータが港湾局のウェブサイト「リアルタイムナウファス」*で 公開されており、気象庁にも提供されています(別紙2)。2010年2月27日にチリ中部沿岸で発生した地震により、我が 国沿岸域に伝播した津波を、これらのGPS波浪計で捉えることに成功しました(別紙3)。

リアルタイムナウファス(Webサイト)

2.GPS波浪計の観測テ゛ータと津波の数値計算結果との比較

独立行政法人港湾空港技術研究所は、同所で開発した津波の数値計算モデルを用いてチリから日本に伝わる津波を 計算し、GPS波浪計による観測データと比較しました(別紙4)。数値計算結果と観測データの波形は、津波到達から 2時間程度まで概ね一致しており、観測テ゛ータを数値計算で再現することができました。ただし、津波の到達時刻に ついては計算結果が観測データよりも20~30分早くなっている場合もありましたので、引き続き検討を行っていきます。

3.GPS波浪計観測データの提供について

今回得られた観測データは、津波シミュレーションの精度向上や津波による被害低減に関する研究等に資する貴重 なテ゛ータであることから、以下に示す観測テ゛ータを今般広く提供いたします。入手をご希望の場合は、下記の国土交通省 港湾局技術企画課技術監理室にご連絡ください。

提供するデータ 2010年2月28日~2010年3月2日の5秒毎の観測水位、天文潮位、潮位偏差

[参考] 気象庁への観測データの提供について

GPS波浪計での観測テ゛ータは気象庁にリアルタイムで提供されており、今回気象庁が発表した津波情報の中で、 GPS波浪計の観測テ゛ータが活用されています。(別紙5)

資料

(別紙1)GPS波浪計を活用した沖合波浪観測について (PDF/255KB)(別紙2)GPS波浪計観測地点一覧 (PDF/190KB)
(別紙3)GPS波浪計による津波の観測結果 (PDF/842KB)(別紙4)GPS波浪計の観測テ゛ータと数値計算結果の比較 (PDF/2.4MB)(別紙5)気象庁におけるGPS波浪計観測テ゛ータの活用状況 (PDF/55KB)

お問い合わせ先


港湾局 技術企画課技術監理室(1及び3について)

(代表)03-5253-8111
魚住 (内線46602)、宮田 (内線46633)、小林 (内線46612)
(直通)03-5253-8681

港湾空港技術研究所津波防災研究センター(2について)

(代表) 046-844-5010
高橋(内線5202)、富田(内線5250)

ページの先頭へ戻る