サモア諸島沖地震津波に関する現地調査団をサモア独立国に派遣

平成21年10月9日
国土交通省 港湾局 国際・環境課 国際企画室
独立行政法人 港湾空港技術研究所

サモア諸島沖地震津波に関する現地調査団をサモア独立国に派遣

去る9月30日2時48分(日本時間)にサモア諸島南方を震源としたマグニチュード8.3の地震が引き起こした津波によって、サモア独立国では犠牲者が123名(10月2日時点)となる大きな被害をもたらしました。

国土交通省所管の独立行政法人 港湾空港技術研究所では、国際的な津波調査と連携して、津波の専門家を現地に派遣し、緊急調査を実施することにしました。緊急調査では、来襲津波とそれによる被害実態を把握し、今回の津波の特性及び被災原因を明らかにし、今後の津波防災対策に資することを目的としております。

派遣概要

期間

平成21年10月12日出発~10月21日帰国(10日間)

主な調査地点

サモア独立国

調査内容

サモア諸島における来襲津波及び被害状況

調査団員

独立行政法人 港湾空港技術研究所

  • 津波防災研究センター 主任研究官:有川太郎 (海岸工学)
  • 同センター 研究官:辰巳大介 (海岸工学)
  • 海洋・水工部 研究官:松崎義孝 (海岸工学)

資料

プレスリリース(PDF/122KB)

お問い合わせ先


国土交通省 港湾局 国際・環境課 国際企画室

国際調整官:稲田 (代表)03-5253-8111 (内線46552)
国際協力係長:土井 (直通)03-5253-8679

独立行政法人 港湾空港技術研究所

津波防災研究センター事務局長:平石 TEL:046-844-5036
企画課長:中島 TEL:046-844-5040

ページの先頭へ戻る