【報告】OCEANS' 15(開催地: ワシントンDC)に出展しました。

港空研は、ワシントンDC で開催された海洋技術に関する国際会議「OCEANS’15(オーシャンズ15)(9月19日~22日)に展示ブースを設け、当研究所の施設、および研究内容の紹介をしました。日本の大学、多くの民間企業と共に「Japan Pavilion」と銘打った会場の一画に集合ブースを設置し、海洋技術における日本の存在を国際的にアピールしました。より多くの方々に興味を持って頂けるように、技術情報パネルとともに日本の伝統文化を紹介しながらデモンストレーションを実施しました。世界各国の方々に、港空研について理解を深めて頂くよい機会となりました。

2016年の開催地は、カリフォルニア州のモントレーです。

 展示ブースにて

OCEANS’15 の会場入り口

会場内に設けられた「Japan Pavilion」

会場内の様子①

会場内の様子②

会場内の様子③

会場内の様子④

会場内の様子⑤

会場内の様子⑥

書道でコミュニケーション

全員集合

 

学術講演

講演の様子①(水中音響カメラ)

講演の様子②(水中音響カメラ)

講演の様子③(油濁)

テクニカルビジット

ワシントンDC北西部に位置する米海軍の研究開発実験水槽施設を見学、巨大矩形平面水槽と円形曳航水槽(ブリッジ回転)を見ることが出来ました。

ページの先頭へ戻る