第14回国際沿岸防災ワークショップ開催報告

第14回国際沿岸防災ワークショップセッションプログラム(高潮・高波)
- ハリケーンカトリーナから10年 -

平成27年7月27日(月)  コクヨホール

                                                       

主催: 国立研究開発法人港湾空港技術研究所, 国土交通省港湾局, 一般財団法人沿岸技術研究センター

 

10:00~10:10 開会式
国立研究開発法人 港湾空港技術研究所 理事長 高橋重雄
国土交通省 港湾局長 大脇 崇
10:10-10:50
 
基調講演 磯部 雅彦 学長(高知工科大学)
Threatening future storm surge disaster and a concept of comprehensive countermeasures
10:50-12:20 セッション1 災害からの復旧・復興 (司会:港空研 平山チームリーダー)
講演1 10:50-11:20  Mr. David J. Leach (US Army Corps of Engineers)
The USACE Sandy Program: Response, Recovery, and Regional Resilience
講演2 11:20-11:50  Prof. Eric C. Cruz (University of the Philippines)
Simulative Analyses of Historical Storm Surges along Manila Bay: Towards a Rational Mitigation Strategy for Seawater Overtopping of Roxas Boulevard Seawall
講演3 11:50-12:20 鈴木 高二朗 チームリーダー(港空研)
Failure mechanism of coastal structures during storm surges
12:20-13:30 休憩
13:30-15:00
 
 
 
 
 
 
セッション2 高潮に関する最近の研究と対策 (司会:港空研 下迫特別研究官)
講演4 13:30-14:00  Dr. Jeffrey A. Melby (US Army Engineer R&D Center)
Coastal Hazards for Tropical-Storm-Exposed Coastlines
講演5 14:00-14:30 森 信人 准教授(京都大学)
Recent Storm Surge and Extreme Wave Disasters and Influence of Climate Change
講演6 14:30-15:00 藤木 峻 研究官(港空研)
Simlation and Field Survey for Storm Surges in Philippines Caused by 2013 Typhoon Haiyan
15:00-15:15 休憩
15:15-16:45
 
 
 
 
 
 
セッション3 各国における沿岸災害対策 (司会:港空研 鈴木チームリーダー)
講演7 15:15-15:45 Ms. Roselle E. Henn (US Army Corps of Engineers)
North Atlantic Coast Comprehensive Study: Resilient Adaptation to Increasing Risk
講演8 15:45-16:15  小堺 正啓 水防対策担当課長(東京都)
Storm surge and tsunami countermeasures of Tokyo Port
講演9 16:15-16:45 三村 悟 地球環境部次長(JICA)
Disaster Risk Reduction in the Pacific Insland Countries 
16:45-17:25 パネルディスカッション 今後の高潮防災について
司 会: 髙山 知司 (沿岸技術研究センター沿岸防災技術研究所長,京都大学名誉教授)
17:25-17:30 閉会式
一般財団法人 沿岸技術研究センター 代表理事・理事長 川島 毅

ワークショップの様子

   
開会式(国土交通省港湾局長挨拶) 基調講演(高知工科大学 磯部学長)
   
セッションの様子① セッションの様子②
   
パネルディスカッション 会場の様子

 

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る