「第13回ASEAN港湾技術者会合」及び「港湾防災セミナー」の開催

「第13回ASEAN港湾技術者会合」及び「港湾防災セミナー」の開催(報告)について 国土交通省港湾局は、タイ王国運輸省海運総局と協力し、2月23日及び24日の2日間にわたり、タイ・バンコクにおいて「第13回ASEAN港湾技術者会合」及び「港湾防災セミナー」を開催しました。

本技術者会合は、2004年からASEAN地域の港湾技術の発展を目的に、毎年開催されているもので、昨年度から「港湾防災ガイドライン」を策定すべく議論を行っています。 港湾空港技術研究所からも佐々木国際研究官が出席し、会合出席者とタイ港湾関係者を対象とした「港湾防災セミナー」において、当研究所の「沿岸防災分野の研究活動」を紹介するとともに、会合での議論にも参加しました。 各国で災害の発生状況、防災への取り組みに差はあったものの、港湾防災の重要性について認識が深まり、来年度にはガイドラインを完成させることで合意がなされました。

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る