(報告)長期暴露試験施設お披露目会

長期暴露試験施設お披露目会
- 報告 -

長期暴露試験施設のお披露目会を2015年11月11日に開催しました。長期暴露試験施設は、コンクリート、鋼材、その他材料の海洋環境下での長期耐久性を評価するため、昭和41年から40年以上にわたり稼働してきました。今般、新たな研究のために施設の機能拡張が必要となり大規模な改修工事を行い、新たな長期暴露試験施設が完成しました。

新しい長期暴露試験施設は、従来のものと比べて海水循環水槽の水深が2.5mから7mに深くなり、データを集積・解析するための管理棟が増設されるなど、機能が大幅にアップしました。お披露目会では、講演会と施設見学が行われ、約30名の参加者がありました。

講演会の様子①:長期暴露施設管理棟にて

講演会の様子②:高橋理事長の挨拶 

講演会の様子③:山路領域長 

講演会の様子④ 

講演会の様子⑤ 

見学の様子①:水槽(手前) 

見学の様子② 

見学の様子③ 

見学の様子④ 

見学の様子⑤:海水シャワー暴露試験場(右側奥)

 

ページの先頭へ戻る