【開催報告】平成26年8月22日 維持管理特別講演会を開催しました

 ライフサイクルマネジメント支援センター(以下、LCM支援センター)では、8月22日、港湾空港技術研究所 大会議室で維持管理特別講演会を開催しました。「港湾施設の点検診断及び補修等対策技術に関する総合検討会」及び「海岸保全施設維持管理マニュアル改訂調査委員会」の委員長を務められた横田北海道大学大学院教授、「空港内の施設の維持管理等にかかる検討委員会」の座長を務められた福手東洋大学教授をお招きし講演いただきました。約80名が参加し、盛況裡に閉幕しました。

 冒頭、LCM支援センター 福田センター長が開会挨拶した後、当センターの山路副センター長がLCM支援センターの活動報告を発表しました。

 次に、東洋大学 福手教授が「航空施設等の維持管理の課題、今後の研究開発の方向性など」について、続いて、北海道大学大学院 横田教授が「港湾・海岸施設等の維持管理の課題、今後の研究開発の方向性など」について、それぞれ講演しました。

 会場には熱心に講演を聴く方が多く、今回の講演テーマに対する関心の高さがうかがえました。

 

 

  この講演会の詳しい内容は、当研究所 情報誌 PARI vol.17(9月末発行)で特集します。

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る