第5回国際沿岸防災ワークショップフォローアップ会議開催のお知らせ

日時 2009年3月30日 13:00~17:50
場所 国土交通省 国土技術政策総合研究所 横須賀研修センター
横須賀市神明町1-12 (京急久里浜駅より南1km神明中学校隣)
主催
  • (独)港湾空港技術研究所
  • (財)沿岸技術研究センター
  • (独)鉄道建設・運輸施設整備支援機構
  • 国土交通省
目的 国際沿岸防災ワークショップは、津波や台風などによる沿岸の災害とその減災について議論する場として 2004年以来毎年実施しています。昨年7月には、インドネシアのジョグジャカルタにおいて第5回のワークショップを開催しており、本会議はそのフォローアップの会議です。
本会議では、まずそのジャカルタでの会議を総括し、(独)鉄道建設・運輸施設整備支援機構の基礎的研究制度による新しい津波防災対策に関する共同研究についてその研究成果を報告するとともに、アジア・太平洋地域の最近の沿岸防災技術の発展について議論します。

内容

13:00~13:10

開会挨拶

  • 金澤 寛 (独)港湾空港技術研究所 理事長
  • 小崎文雄 (独)鉄道建設・運輸施設整備支援機構 研究開発統括役
13:10~13:50 セッション-1: 第5回ワークショップの概要
(インドネシアや日本の津波防災の現状を中心にした第5回ワークショップのトピックスの紹介)
  • 沿岸技術研究センター 理事 高山知司
  • インドネシア海洋水産省 海洋海岸離島部 Dr.Subandono Diposaptono
13:50~15:30

セッション-2: 津波災害のプロセスの把握とシミュレーションによる再現に関する研究
(平成18-20年度に(独)鉄道建設・運輸施設整備支援機構の運輸分野における基礎的推進研究で行った研究成果の発表:災害の再現を含む新しい階層型連携プログラムの開発とそれによる動的ハザードマップの作成と利用:参考資料参照)

参考資料(PDF/408KB)

  • (独)港湾空港技術研究所 津波防災研究センター 高橋重雄センター長
  • (独)港湾空港技術研究所 津波防災研究センター 富田孝史上席研究官 有川太郎主任研究官
  • (独)海洋研究開発機構 海底地震・津波ネットワーク開発部 金田義行部長 阪口秀リーダ
  • 山口大学工学部 三浦房紀工学部長 瀧本浩一准教授
  • 国土技術政策総合研究所 沿岸海洋研究部 小田勝也部長 熊谷兼太郎主任研究官
15:40~17:40 セッション-3: 最近の沿岸減災技術の発展
(アジア・太平洋、特に米国やタイ、そして日本の沿岸災害に対するPreparednessの最近の進展等の報告)
  • タイ チェラロンコン大学地質学科Dr. Kruawun Jankaew
  • 鹿児島大学工学部 教授 浅野敏之
  • 米国陸軍工兵隊 技術開発研究所Dr. Jane Smith
  • 東京大学大学院新領域創成科学研究科 教授 磯部雅彦
17:40~17:50 閉会挨拶
  • 村田 進 (財)沿岸技術研究センター 理事長

参考資料

鉄道運輸機構研究概要(PDF/408KB)

公開実験見学

 「津波による実物大コンクリート壁の破壊実験」を(独)港湾空港研究所で同日11:00-11:30に実施します。

使用言語

英語と日本語(日本人発表者)

参加費

参加は無料です。沿岸防災に関心のある方、多数のご参加を期待しております。

お申し込み

参加をご希望の方は、3月23日までに(独)港湾空港技術研究所 榎 (ファックス:046-844-1274,メール:enoki@pari.go.jp)まで、 ご氏名、ご所属、メールあるいはファックス番号、公開実験参加の有無をお知らせください。
なお、定員(100名)になりましたら締め切らせていただきます。
公開実験と会議の場所が違うことに留意ください。

必要事項

お申し込み内容
  1. 氏名
  2. 所属
  3. E-mailアドレスあるいはファックス番号
  4. 公開実験参加の有無
申し込み先 ファックス:046-844-1274
メール:enoki@pari.go.jp

締切

3月23日
※定員(100名)になりましたら締め切らせていただきます。
※お申し込み時にいただいた個人情報は、適切に管理し他の目的で利用することはありません。

地図


図-1

津波による実物大の破壊実験、津波によってコンクリートの壁が破壊されます。(11:00~11:30に港空研で一般公開されます。

 


図-2

第5回沿岸防災ワークショップ(インドネシア)の様子(セッション1で発表予定)

 


図-3

数値シュミレーションの例、STOCによって港の船が町の中に流れ出ていく状況が計算されています。(セッション2の共同研究報告で発表予定)

 


図-4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

動的ハザードマップのパソコンのによる操作、一般の人が動的ハザードマップを体験することができます。(セッション2の共同研究報告で発表予定)


図-4

避難の危険性の現地調査の様子(セッション2の共同研究報告で発表予定

 


図-5 1991年バングラディッシュサイクロンによる被害の模様(セッション3の磯部教授の発表予定)


図-6 沼津港の港口に建設された津波水門びゅうお(セッション3の磯部教授の発表予定)

 

ページの先頭へ戻る