港湾空港技術特別講演会 in 神戸のご案内

Techno-Ocean 2006/19th JASNAOE Ocean Engineering Symposium (Concurrent Events)
Lecture Meeting on Port and Airport Technology in Kobe

平成18年10月18日(水)に神戸国際会議場において、港湾空港技術特別講演会in神戸を国土交通省近畿地方整備局港湾空港部と国土交通省国土技術政策総合研究所と独立行政法人港湾空港技術研究所の共催で開催します。
参加料無料となっておりますので、各位のご来場を心よりお待ち申し上げます。

開催場所 神戸国際会議場 会議室401
神戸市中央区港島中町6-9-1
定員 100名(定員になり次第申込みを締め切らせていただきます。)
受講料 無料

プログラム

時間 テーマ
13:00~13:05 開会の挨拶
13:05~13:15 国土技術政策総合研究所の現状
国土技術政策総合研究所
空港研究部長  加藤 久晶
13:15~13:25 港湾空港技術研究所の現状
独立行政法人港湾空港技術研究所
施工・制御技術部長  林 洋介
13:25~13:55 水理模型実験と数値計算を組み合わせた津波防災研究のトピックス
独立行政法人港湾空港技術研究所
津波防災研究センター 特任研究官  有川 太郎
13:55~14:25 杭の支持力に関する新しい考え方
独立行政法人港湾空港技術研究所
地盤・構造部 基礎工研究室長  菊池 喜昭
14:25~14:55 浚渫跡地の実態と修復技術について
独立行政法人港湾空港技術研究所
海洋・水工部 沿岸環境領域長  中村 由行
14:55~15:10 休憩
15:10~15:40 干潟地盤環境のあらたな評価手法について
独立行政法人港湾空港技術研究所
地盤・構造部 土質研究室 研究官  佐々 真志
15:40~16:10 親水施設の付着生物と利用者の滑り易さの指標化
国土技術政策総合研究所
沿岸海洋研究部 沿岸防災研究室 研究官  熊谷 兼太郎
16:10~16:40 浮流重油自動追跡ブイシステムの開発と展望
独立行政法人港湾空港技術研究所
施工・制御技術部 油濁対策研究室長  吉江 宗生
16:40~16:45 閉会の挨拶

講演会の参加申込

参加ご希望の方は住所、氏名、電話番号を記載のうえFAX、E-mailのいずれかの方法にて10月6日(金)までに下記宛先までご連絡下さい。
(申込書は以下に添付します講演会ちらしの中にあります。)
参加多数の場合は、定員になり次第締め切りとさせて頂きます。

申込書 講演会ちらし(PDF/339KB)
住所 〒239-0826 横須賀市長瀬3-1-1
独立行政法人港湾空港技術研究所 企画管理部 企画課
電話 046-844-5040(企画課)
FAX 046-844-5072
E-mail regist@ipc.pari.go.jp

ページの先頭へ戻る