PARI Vol.4 2011年7月号

PARI Vol.4 2011年7月号
PARI Vol.4
(PDF/6.40MB)

掲載内容

  1. Frontline-特集-
    高潮・高波災害を防ぐために 海洋土木技術の根幹となる研究 
  2. Front People その一歩先へ挑戦する研究者たち
    河合弘泰 上席研究官
    川口浩二 チームリーダー
    関 克己 研究官 
  3. Focus on ファシリティーの最前線へ
    沿岸域における高精度波浪変形計算モデル「NOWT-PARI」
    大水深海域の波浪のリアルタイム計測・監視を実現「GPS波浪計」
  4. Close up 現場からの報告
    被害状況分析と今後の防災対策
    「東日本大震災・現場調査団からの報告」
  5. Cross line 国際交流レポート
    港湾・空港・漁港技術講演会
    -東日本大震災による港湾・空港・漁港の地震・津波災害調査報告- 
  6. Visitors' file 来訪者の素顔
    港湾・空港漁港技術講演会
    東京大学地震研究所 佐竹健治教授講演
    「東北地方太平洋沖地震と津波」 
  7. Topics
    「海洋環境におけるコンクリートの劣化性条および劣化指標に関する検討」が平成22年度土木学会論文賞を受賞 
  8. Information-『PARI Club』募集中です!

技術情報誌「PARI」トップ

ページの先頭へ戻る