PARI Vol.6 2012年1月号

PARI vol.6 2012年1月号
 

PARI vol.6(PDF/6.16MB) 

掲載内容

1.Frontline-特集-
 港湾構造物はいま戦略的維持管理の時代へ
 ライフサイクルマネジメントの実現のための研究
2.Front People その一歩先へ挑戦する研究者たち
 加藤 絵万 主任研究官
 川端雄一郎 研究官
 審良 善和 研究官
3.Focus on ファシリティーの最前線へ
 長い時間をかけ、海洋環境下での劣化や耐久性を調査検討
 「海水循環水槽・海水シャワー暴露試験場」
 「波崎海洋研究施設 砕波帯観測用桟橋」
4.Close up 現場からの報告
 羽田空港D滑走路における100年対応の維持管理
5.Cross line 国際交流レポート
 ASEAN諸国のための「港湾構造物の戦略的維持管理ガイドライン」の作成
6.Visitors' file 来訪者の素顔
 COSTAL SRUCTURES 2011
7.Topics
 「静的圧入による液状化対策技術の確立」が産学官連携功労者表彰における「国土交通大臣賞」を受賞!
 書籍『港湾の施設の維持管理技術マニュアル』の紹介

技術情報誌「PARI」トップ

ページの先頭へ戻る