PARI Vol.5 2011年10月号

PARI vol.5 2011年10月号
 

PARI vol.5(PDF/3.40MB) 

掲載内容

  1. Frontline-特集-
    決意も新たに地震防災に取り組む 人命と社会・経済活動を地震から守る研究 
  2. Front People その一歩先へ挑戦する研究者たち
    野津 厚チームリーダー
    小濱英司チームリーダー
  3. Focus on ファシリティーの最前線へ
    地震と津波が作用する実際の現象を模型で再現「大規模地震津波実験施設」
    港湾構造物の地震時挙動を解明「三次元水中振動台」
  4. Close up 現場からの報告
    仙台空港と仙台塩釜港を訪ねて「東日本大震災・現場調査団からの報告」
  5. Cross line 国際交流レポート
    東日本大震災日米共同合同調査 
  6. Visitors' file 来訪者の素顔
    港空研が協力するJICA集団研修「港湾開発・計画」
  7. Topics
    「空港アスファルト舗装の層間剥離現象に関する赤外線を用いた検知手法」が第13回国土技術開発賞優秀賞を受賞!
  8. 理事長就任のご挨拶
    新理事長 高橋 重雄 

技術情報誌「PARI」トップ

ページの先頭へ戻る