PARI Vol.16 2014年7月号

PARI vol.12 2013年10月号
 

PARI vol.16(PDF/3.45MB) 

掲載内容

1.FRONT LINE -特集-
 多様な生物を育む豊かな海は
   地球温暖化防止にも効果を発揮!
    ブルーカーボン研究で海草場の潜在能力が明らかに
2.FOCUS ON 研究活動の最前線へ
 沿岸域のブルーカーボン研究
   炭素フローの正確な測定と
    総合的・定量的な解析を目指して
3.CLOSE UP 現場からの報告
 横浜・八景島シーパラダイスにおける
   ブルーカーボン実証実験
4.FRONT PEOPLE 研究者の広場 挑戦する研究者たち
 海を再生し、その価値を利用する
   環境への先進的な取り組み
5.CROSS LINE 国際交流レポート
 港空研との共同開発のために
  ノルウェー地盤工学研究所からイスラー博士が来訪
6.VISITOR'S FILE 来訪者の素顔
 横須賀総合高校の生徒さんが
   学習活動で港空研を訪れました
7.TOPICS
  構造研究チーム 加藤絵万チームリーダーが
   「文部科学大臣若手科学者賞」を受賞しました

 

技術情報誌「PARI」トップ

ページの先頭へ戻る