PARI Vol.21 2015年10月号

PARI vol.12 2013年10月号   
 

PARI vol.21(PDF/5.11MB) 

掲載内容

1.FRONT LINE -特集-
  沿岸域埋立地施設の
   地震対策に挑む
    コンビナート防災に貢献する研究開発
2.FOCUS ON 研究活動の最前線へ
  ”次の次”の地震まで見据えて観測網の普及を
   長期にわたる港湾地域強震観測で
    耐震関連技術の発展に貢献
3.CLOSE UP 現場からの報告
  仙台塩釜港仙台港区中野地区岸壁で初施工
   「アーク矢板ジャケット工法」
4.FRONT PEOPLE 研究者の広場 挑戦する研究者たち
  民間企業との交流・連携強化で
   地震防災研究に新たな風を
5.CROSS LINE 国際交流レポート
  第14回国際沿岸防災ワークショップ(高潮・高波)
   -ハリケーンカトリーナから 10年-
6.VISITOR'S FILE 来訪者の素顔
  4名の学生が、実習生として
   地震防災研究領域の研究に参加
7.TOPICS
  「海洋・港湾構造物維持管理士会(MEMPHIS会)」
   「一般財団法人 沿岸技術研究センター」と
    連携・協力協定を締結しました!
 

 

技術情報誌「PARI」トップ

ページの先頭へ戻る