PARI Vol.20 2015年7月号

PARI vol.12 2013年10月号   
 

PARI vol.20(PDF/4.49MB) 

掲載内容

1.FRONT LINE -特集-
  美しい海と沿岸環境を守るために
   流出油汚染への備えと
    危機管理に取り組む
2.FOCUS ON 研究活動の最前線へ
  流出油の漂流予測に関する技術開発
   OIL-PARI+漂流油捕捉システムで
    海上を漂い拡がる油を追う!
3.CLOSE UP 現場からの報告
  油流出時には3隻の浚渫兼油回収船が
   全国に緊急出動!
4.FRONT PEOPLE 研究者の広場 挑戦する研究者たち
  さまざまな角度から取り組む
   油流出の防止と事故対応
5.CROSS LINE 国際交流レポート
  海岸工学の第一人者、ピーター・ニールセン教授が来日。
   貴重な長期観測データをもつ「波崎海洋研究施設」や
    港空研の実験施設を見学されました
6.VISITOR'S FILE 来訪者の素顔
  津波防災を学ぶASEANおよび
   中南米の研究者・技術者が港空研で研修を受けました
7.TOPICS
  津波研究チームの高川智博主任研究官が
   「文部科学大臣表彰 若手科学者賞」を受賞
 

 

技術情報誌「PARI」トップ

ページの先頭へ戻る