PARI Vol.19 2015年4月号

PARI vol.19 2015年4月号   
 

PARI vol.19(PDF/4.51MB) 

掲載内容

1.FRONT LINE -特集-
  「海洋インフラ技術促進センター」設立
   海洋はフロンティアにあらず!
    国土としての利用促進を技術面から支える
2.FOCUS ON 研究活動の最前線へ
  SIP 「次世代海洋資源調査技術」に参画
   海中での視界不良時にも視覚を確保
    音響ビデオカメラの高度化に挑む
     海洋鉱物資源開発における交通運輸分野の
      技術開発に関する研究
       採掘・採集および残渣処分への
        港湾技術の適用可能性を探る
3.CLOSE UP 現場からの報告
  離島での港湾荷役の利便性を高めるために
   南北大東島における港湾施設の現状
4.FRONT PEOPLE 研究者の広場 挑戦する研究者たち
  サンゴの”島をつくる力”を活用し
   遠隔離島の維持保全に役立つ技術を開発
5.CROSS LINE 国際交流レポート
  港空研とフランスのIFSTTARが
   研究協力協定を締結しました
6.VISITOR'S FILE 来訪者の素顔
  豊橋技術科学大学の三人の学生が
   実習生として研究に参加しました
7.TOPICS
  港空研の法人分類変更と他研究機関との統合について

 

技術情報誌「PARI」トップ

ページの先頭へ戻る