PARI Vol.13 2013年10月号

PARI vol.12 2013年10月号
 

PARI vol.13(PDF/4.32MB) 

掲載内容

1.FRONT LINE -特集-
 M9 クラスの巨大地震では何が起こる?
 東日本大震災の知見を活かし
 より正確かつ詳細な強震動予測を
2.FOCUS ON 研究活動の最前線へ
 地震時挙動を模型実験と数値解析で研究
 液状化する砂地盤上の防波堤の沈下メカニズムを探る
3.CLOSE UP 現場からの報告
 新潟東港 次世代免震コンテナクレーン
 地盤のリアルタイム液状化判定装置
 (ピエゾドライブコーン)の開発
4.FRONT PEOPLE 研究者の広場 挑戦する研究者たち
 大規模コンビナートを抱える沿岸域を
 地震や津波から守るために
5.CROSS LINE 国際交流レポート
 第3回日本・チリ津波防災シンポジウム
6.VISITOR'S FILE 来訪者の素顔
 昨年に引き続き2度目の来所
 福島県立磐城高等学校 天文地質部員が港空研で体験学習
7.TOPICS
 「地盤のリアルタイム液状化判定装置
 (ピエゾドライブコーン)の開発」が
 産学官連携功労者表彰における「国土交通大臣賞」を受賞! 

技術情報誌「PARI」トップ

ページの先頭へ戻る