海洋波の方向スペクトルの推定における拡張最大エントロピー原理法の修正-入・反射波共存場を対象として-

発行年月 1993年12月 港湾空港技術研究所 報告 032-04-02
執筆者 橋本典明,永井紀彦,浅井正
所属 海洋水理部 海象調査研究室
要旨 防波堤や護岸の前面などの入・反射波共存場に適用可能な方向スペクトル推定法として,入射波と反射波の位相干渉を考慮した修正・拡張最大エントロピー原理法(MEMEP)を開発した.MEMEPは4成分以上の任意の波動量を観測する場合には,入・反射波の方向スペクトルの分離計算が可能であるばかりでなく,反射率も周波数と方向角の関数とて推定可能である.また,MEMEPは計算が比較的簡便であり,パーソナルコンピュータによる利用も可能である.
全文 vol032-no04-02.pdf(PDF/1.4MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る