陸上地形の影響を考慮した海上風推算

発行年月 1993年9月 港湾空港技術研究所 報告 032-03-03
執筆者 後藤智明,柴木秀之
所属 水工部 海洋エネルギー利用研究室
要旨  波浪推算および高潮推算の外力条件となる海上風に関して境界層特性を検討するとともに陸上地形の影響を考慮した内湾海上風推算モデルの開発を行った。得られた主要な結論は、以下のとおりである。
1.自由大気の風を海上風に換算する手法として大気境界層モデルを提案した。このモデルによる外洋海上風の推定値は、観測データと良い一致を示した。
2.観測データの解析から、風の有効吹送距離と陸上地形からの影響度を含む内湾海上風に関する経験式を得た。この経験式から内湾海上風は海上の吹送距離が長くなるとともに風速が増大し、次第に外洋海上風に漸近する特性があることが明らかになった。
3.内湾海上風の地形依存特性を表す経験則と3次元マスコンモデルを組み合わせたハイブリッド海上風推算モデルを開発した。この推算モデルを陸上地形の影響を強く受けた伊勢湾の海上風推定に適用した結果、観測風の時間変化傾向を精度良く再現できることが明らかとなった。
全文 vol032-no03-03.pdf(PDF/2.0MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る