バー型海岸における沿岸流速分布-波崎海洋研究施設における現地観測と数値モデルの開発-

発行年月 1993年9月 港湾空港技術研究所 報告 032-03-01
執筆者 栗山善昭,尾崎靖
所属 水工部 漂砂研究室
要旨  バー型海岸における沿岸流速分布の特性を把握するために,1987年から1990年までの4年間,全長427mの波崎海洋研究施設(以下,HORF)に沿って1日1回,岸沖方向に15~30mの間隔で沿岸流速を観測した.観測では直径約20cmのフロートを使用した.本観測方法の有効性は電磁流速計による検定で確認された.
 HORFにおいてバーが観測され,そのバー上で砕波が生じていたときの沿岸流速分布の特性を,バー周辺での最大沿岸流速の発生位置を調べることによって検討した.
 砕波帯内のボアによる運動量フラックスをモデル化し,従来の海浜流モデルに組み込むことによって,新たな沿岸流速数値モデルを開発し,このモデルによる計算値と実測値とを比較した.
全文 vol032-no03-01.pdf(PDF/1.9MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る