費用便益分析による接岸ドルフィンの最適断面の評価

発行年月 1993年6月 港湾空港技術研究所 報告 032-02-06
執筆者 白石悟,上田茂
所属 構造部 海洋構造研究室
要旨 本研究では,製油所の原油バースの接岸ドルフィンについて,費用便益分析による最適断面の評価手法を検討した.検討においては,その構造形式を単杭構造(SPS)によるものとし,船舶接岸荷重の数値を変えて断面を決め,これらの断面について耐用年数中における船舶の接岸荷重に対するドルフィンの破壊確率を計算した.また,接岸ドルフィンが破壊した際の原油および製品の出入荷形態についての対処代替案を作成し,接岸ドルフィンの破壊時の出入荷形態の変更に伴う費用および施設の破壊に伴う減収等による負の便益の評価式を作成した.また,これらの費用および負の便益を評価するための原単位を調査し,これを用いて各断面の耐用年数中の期待総費用を計算し,期待総費用最小化原則により構造物の最適断面について検討した.
全文 vol032-no02-06.pdf(PDF/2.1MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る