低置換率SCP改良地盤中の矢板式岸壁の挙動

発行年月 1993年6月 港湾空港技術研究所 報告 032-02-05
執筆者 北詰昌樹,村上喜代治
所属 土質部 地盤改良研究室
要旨  サンドコンパクションパイル工法(SCP工法)は、軟弱地盤に振動を用いて砂を圧入し、締固められた砂杭を造成する工法である.SCP工法によって改良された粘性土地盤の支持力に関しては、模型実験や現地実験などの数多くの研究が行われている.一方、桟橋や矢板式岸壁などに用いられるSCP改良地盤の拳動に関する研究は限られており、改良地盤の破壊形態や水平抵抗力の評価方法は確立されていないのが現状である.
 そこで、本研究ではSCP改良地盤中の矢板式岸壁の水平抵抗に関して遠心模型実験を行い、改良地盤の拳動、矢板の曲げモーメント拳動を検討した.研究では、SCP改良地盤の改良幅、矢板の曲げ剛性を変え、地盤拳動への影響を検討した.一連の実験の結果、改良地盤の破壊形態を明らかにすとともに、矢板の曲げモーメント、矢板の最大たわみ量、矢板のタイ荷重に及ぼすSCP改良の効果を明らかにした.
全文 vol032-no02-05.pdf(PDF/1.9MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る