沖波の方向スペクトルの出現特性(第1報)-いわき沖の観測結果-

発行年月 1993年6月 港湾空港技術研究所 報告 032-02-02
執筆者 永井紀彦,橋本典明,浅井正
所属 海洋水理部 海象調査研究室
要旨  沖波の報告スペクトルの出現特性を明らかにすることは,海洋波の特性を把握する上で極めて重要である.しかしながら,この出現特性はいまだ十分に明らかにされておらず,方集中度パラメターなどを用いて便宜的に分布形状を表しているにすぎない.この原因は方向スペクトルの観測成果の蓄積が十分でないことにある.
 このような背景のもとに,比較的水深の大きい海域であるいわき沖(水深h=-154m)で定常観測を開始した.また,海洋波の方向スペクトルについても,精度良く推定することが可能になった.そこで,本論文では,いわき沖観測地点で取得された観測データにもとづき,沖波の方向スペクトルの出現特性が,要因となる気象攪乱の種類とその進路によって説明できることを明らかにした.
 一般に,方向スペクトル解析を行う場合には海底地形等の影響を受けにくい沖波を対象とする必要がある.ところが,その妥当性について検討された例は少ない.そこで,近接した沿岸域地点である小名浜港における波浪の出現特性といわき沖の沖波としての特性とを比較検討し,相違点を明らかにした.
全文 vol032-no02-02.pdf(PDF/4.4MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る