沿岸域における風波の周波数スペクトルと無次元パラメータの特性-ハイブリッドパラメータ法による波浪推算モデル(第2報)-

発行年月 1993年3月 港湾空港技術研究所 報告 032-01-03
執筆者 後藤智明,青野利夫
所属 水工部 海洋エネルギー利用研究室
要旨  海上風と風波の関係を明らかにし,新たな波浪推算モデルの開発のための基礎的な知見を得るため,観測データを基に有義波緒元,風波の抵抗則,風波の平均的な風波数スペクトル形に関する検討を行った.得られた主要な結論は以下のとおりである.
1.風波においては,3/2乗則が精度良く成立する.また,浅海域では,浅水係数を考慮することにより3/2乗則が拡張される.
2.風波スペクトルの高周波域での特性は3/2乗則と矛盾しない形で-4乗則に従う.
3.深海域における風波スペクトルの形状は,発達過程でピーク周波数付近のエネルギーレベルが高く,フィッチの増大に伴う風波の平衡状態への移行と共にエネルギーが広がりPierson・Moskowitzスペクトルに漸近する.
4.浅海域では風波スペクトルの特性が深海域の諸元および浅水係数によって記述できる.
5.風波の周波数スペクトル標準形を提案した.提案した標準形は,有義波高と周期のみのよってそのスペクトル形が算定され,その精度はbretschbeuder・Mitsuyasuスペクトルよりも高く,発達および平衡状態にある風波でかつ深海域及び浅海域に対して適用できる.
全文 vol032-no01-03.pdf(PDF/3.1MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る