波浪の多方向性と弱非線形性を考慮した水圧波から表面波への換算法について

発行年月 1993年3月 港湾空港技術研究所 報告 032-01-02
執筆者 橋本典明,永井紀彦,菅原一晃,浅井正,朴慶寿
所属 海洋水理部 海象調査研究室
要旨  波浪の本質的な特性である多方向性と弱非線形性および不規則性を考慮して,表面波から水圧波への応答特性を詳細に再検討し,新たに簡便かつ精度のよい水圧波から表面波への換算方法を提案した.
 得られた主な結果は次のとおりである.
1.水圧波から表面波への周波数応答関数は,方向スペクトルの形状に依存して,その低周波数側と高周波数側に線形不規則波や一方向の弱非線形不規則波には見られない特異性を示す.これは多方向性と不規則性及び弱非線形性を考慮することにより説明できる.
2.線形波理論で与えられる周波数応答関数と多方向弱非線形不規則波の周波数応答関数の相違は方向集中度が低いほど顕著である.
3.新たに提案した換算方法を,現地観測データに適用する場合,高波浪時や低波浪時の種々の海象条件に対しても,ほぼ妥当に表面波へ換算可能である.
全文 vol032-no01-02.pdf(PDF/1.9MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る