海洋波の方向スペクトルの推定における最大エントロピー原理法(MEP)の拡張

発行年月 1993年3月 港湾空港技術研究所 報告 032-01-01
執筆者 橋本典明,永井紀彦,浅井正,菅原一晃
所属 海洋水理部 海象調査研究室
要旨  簡便かつ汎用性に富み,あまり計算時間を要しない方向スペクトリー推定法として,最大エントロピー原理法(MEP)を拡張した新しい方向スペクトル推定法(拡張最大エントロピー原理法:EMEP)を開発した.EMEPは,ベイズ型モデルを用いた方向スペクトル推定法(BDM)と同様に観測データの誤差の影響を考慮した方法である.
 また,MEPやBDMと同程度の推定精度を有し,BDMに比べて計算時間を大幅に短縮した方向スペクトル推定法で,以下の特性を有している.
2.EMEPを3成分観測データに適用した場合にはMEPと同じ方向スペクトルが推定される.
3.EMEPを4成分以上の観測波動量に適当する場合にはBDMとほぼ同程度の高精度な方向スペクトルが推定される.
4.EMEPは計算が簡便であり,パーソナル・コンピュータによるリアル・タイム処理が可能である.
全文 vol032-no01-01.pdf(PDF/1.6MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る