埋立地盤上におけるコンクリート舗装設計法の開発-東京国際空港への適用-

発行年月 1993年3月 港湾空港技術研究所 報告 031-05-07
執筆者 八谷好高,佐藤勝久
所属 土質部 滑走路研究室
要旨  この論文では,軟弱地盤上の空港コンクリート舗装のマネージメントシステムが示されている.舗装の補修時期と範囲は,1)舗装が表面勾配の基準から逸脱する場合,2)舗装が破損する場合とに分けて計算している.
 この解析は,東京国際空港の沖合展開事業に適用された.前者においては,著しい不動沈下が予想される地区で,20年間で60%程度の範囲で3回にわたって補修が必要になるものと推定された.後者では,解析機関を10年,20年として,経済性を考慮に入れたマネージメントシステムを策定した.
 軟弱地盤上に舗装を建設する場合には,舗装高さの回復,調整のほか構造強度のためにも併用後の補修が必須のものとなる.これは,コンクリートによる薄層付着かさ上げ工法と,プレストレストコンクリート舗装のリフトアップ工法の実用性について検討している.
全文 vol031-no05-07.pdf(PDF/1.4MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る