海底砂地盤の波浪による液状化

発行年月 1993年3月 港湾空港技術研究所 報告 031-05-06
執筆者 善功企,山﨑浩之
所属 土質部 動土質研究室
要旨 透水性の良い海底地盤の波浪による液状化メカニズムについて,特に過剰間隔水圧に着目した研究を行っている.回変動”過剰間隔水圧の概念を導入し,この概念に基づき液状化の発生規準が提示されている.液状化規準によると,支配的な要因は,1)海底面上の波浪による水圧,2)波浪によって引き起こされる地盤中の変動間隔水圧,3)静穏時の地盤中の有効鉛直応力である.これらの要因のうち,変動間隔水圧について理論的,実験的に詳細に調べられている.変動間隔水圧に関する基礎法的式が導かれ,その有用性が模型実験と現地観測により合理的に評価される.理論的,実験的な検討に基づき,液状化ポテンシャルを予測する手法が提示され,その手法の工学的問題に対する適用性が示されている.
全文 vol031-no05-06.pdf(PDF/1.7MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る