閉鎖性内湾域の海水交換

発行年月 1993年3月 港湾空港技術研究所 報告 031-05-04
執筆者 村上和男
所属 海洋水理部 汚泥処理研究室
要旨  閉鎖性内湾域の水質保全において,海水交換現象は重要な役割を果たす.湾口部に建設される防波堤は沿岸域を津波や高潮から防護することを目的とするが,湾開口部の断面積の減少と,これにともなう内湾域の閉鎖化による湾内の水質の悪化が懸念されている.
 本研究において,海水交換に及ぼす水平循環流,鉛直循環流の役割,及び湾口防波堤の海水交換に与える影響のメカニズムについて水理模型実験により検討した.また,港口防波堤の配置,あるいは水門操作等の人為的な循環流の発生による海水交換促進工法について述べた.
 本研究により,港口防波堤は水平循環流を形成して海水交換を促進させる効果と鉛直循環流を抑制して減少させる相反する効果をもつこと,および,防波堤の適正な配置により湾内に一方向流を発生されて海水交換を促進させることができることがわかった.
全文 vol031-no05-04.pdf(PDF/1.4MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る