混成防波堤に作用する衝撃砕破力に関する実験的研究-衝撃砕破力の基本的性質と衝撃砕破力係数-

発行年月 1993年3月 港湾空港技術研究所 報告 031-05-02
執筆者 高橋重雄,谷本勝利,下迫健一郎
所属 水工部 耐波研究室
要旨 混成堤の直立壁には,マウンド形状(マウンドの高さや前肩幅)によって,厳しい衝撃的な波力が作用する.これは古くから知られている事実であるが,衝撃砕破力による被災は,毎年のように発生しているのが現状である.
 こうした被災を防ぐには,その危険性を定量的に評価できることが不可欠である.特に,一般の設計者が容易に評価できることが必要である.本報告では,新たに衝撃砕破力係数を提案し,衝撃力を含めて混成堤に作用する波力を合田式で算定できるようにすることを目的としている.
 本報告では,著者らが過去に実施している衝撃破圧の測定実験結果に基づいて,衝撃砕破力の基本的特徴や問題点を示す.また,新たに大型の断面模型実験を行い,波圧と変位の測定結果に基づいて波力と,ケーソンの応答,特に滑動との関係をみなおす.さらに,過去に実施している滑動実験結果を再整理し,衝撃砕破力係数を提案する.
全文 vol031-no05-02.pdf(PDF/2.0MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る