確率設計に向けた現行防波堤の滑動確率の推定

発行年月 1993年3月 港湾空港技術研究所 報告 031-05-01
執筆者 高山知司,池田直太
所属 水工部 波浪研究室
要旨  本論文では,現行設計法で設計した防波堤の滑動確率を算定し,防波堤の安全度を調べた.本研究で得られた主要な成果は以下の通りである.
1)不確定要素の影響を考慮して防波堤の滑動確率を推定する手法を提案した.
2)不確定要素としては,設計沖波の推定誤差や波浪変形計算と波力公式の算定誤差,堤体の摩擦係数のばらつきを考え,これらの誤差関数を正規分布と仮定した.また,高潮や潮汐による水位の発生確率も同時に計算に導入している.
3)実験や現地観測を用いて推定誤差分布を検討した結果では,推定誤差は正規分布に近く,正規分布では近似できることがわかった.
4)遭遇確率は防波堤の設置水深や海底勾配によって変化し,必ずしも同じ精度で設計されているわけではないことが判明した.
全文 vol031-no05-01.pdf(PDF/1.4MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る