我が国の正規圧密された海成粘性土の静的コーン貫入試験から得られる特性

発行年月 1992年12月 港湾空港技術研究所 報告 031-04-03
執筆者 田中洋行,榊原基生,後藤健二,鈴木耕司,深沢健
所属 土質部 地盤調査研究室
要旨  本報告は,静的コーン貫入試験と室内試験の結果の関係について述べたものである.海成粘性土が厚く堆積している7地点を選んで,コーン貫入試験を行った.調査地点は,いずれも過去に現在の土被り圧より大きな先行荷重を受けていない正規圧密地盤である.本研究によって得られた主要な結論は以下の通りである.
1)LevadouxとBalighによる圧密曲線を用いて,過剰間隙水圧の消散試験から地盤の圧密係数Cuを計算した.計算されたCuは室内の圧密試験から得られた正規圧密領域におけるCuの20倍から50倍大きい.
2)貫入抵抗係数Nktは土の塑性指数によらず,8から16の値となった.
3)コーン貫入時の間隙水圧を表す係数Bqも塑性指数に対して一定であり,この値は0.6から0.8であった.
全文 vol031-no04-03.pdf(PDF/1.8MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る