繰返し水平荷重下で大変形する砂地盤中の杭の挙動

発行年月 1992年12月 港湾空港技術研究所 報告 031-04-02
執筆者 菊池喜昭,高橋邦夫,鈴木操
所属 土質部 基礎工研究室
要旨  本研究では,乾燥した砂地盤中に建て込んだ幅20cmの板状の模型杭に水平方向繰返し荷重を行い大きな変形を与え,大変形時の杭の拳動を繰り返し荷重に対する杭の拳動について検討した.
 その結果,処女載荷時には,大変位時(今回の模型実験のレベルで変位y>15cm)においても港研方式(p y旭握圧逢が適用できることがわかった.このことは,地盤反力がなかなか上限に達しないことを意味する.また,同じ荷重を繰り返し載荷した場合には,杭の変位及びたわみ角は次第に増えてくる.この伸びは,繰返し回数の対数にほぼ比例する.繰返し載荷時の杭背面に砂が上部から供給されるため,杭の変位が増えてくる.砂の供給はなくならないため,変位は繰返し回数とともに増加する.このとき,最大曲げモーメントの発生する深さ∫mmaxから曲げモーメント第一ゼロ点の深さ∫m1の地盤反力の発生の仕方が変化し,杭の変位の伸びは曲げモーメント第一ゼロ点の深さ∫m1あたりから顕著となる.
全文 vol031-no04-02.pdf(PDF/1.8MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る