我国沿岸の潮位と平均海面の変動の解析

発行年月 1992年9月 港湾空港技術研究所 報告 031-03-02
執筆者 村上和男,山田邦明
所属 海洋水理部 汚泥処理研究室
要旨  地球温暖化による海面上昇の予測および監視には,長期間の気象,海象および人間活動等に関するデータが有力な手がかりとなる.
 本研究では,我国沿岸の潮位,気圧および海水の表層水温のデータを収集し,周辺海域の平均海面の長期的な変動傾向を求めた.また,平均海面の季節的な変動とその要因について解析した.
 解析の結果,我国の1950年以降の平均海面の長期的変動の傾向は,平均的にみて,中部から東日本にかけての各地で1.5~1.8mm/年の海面上昇を示し,西日本の各地で1.0mm/年の海面下降の傾向を示した.また,月平均海面の変動は気圧と海水密度の季節変動に依存し,月平均表層水温1円Cの上昇は,月平均海面の約1.1cmの上昇に相当した.なお,今回のデータからは,平均海面の長期的な変動傾向と,年平均気圧,年平均表層水温の長期的な変動などとの間に明瞭な相関はみとめられなかった.
全文 vol031-no03-02.pdf(PDF/1.8MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る