地形的囲繞の認識と空間規模との関係に関する研究

発行年月 1992年6月 港湾空港技術研究所 報告 031-02-05
執筆者 斎藤潮,竹下正俊,上島顕司
所属 計画設計基準部 計画基準研究室
要旨  市民に親しまれる港の環境を創出するためには,港における市民活動の場に,程よい空間的まとまりを与えることが有効となろう.その際,まとまりを生み出すに適当な空間規模の目安があれば,便利である.
 本研究は,空間的なまとまり感のひとつとして囲繞感に注目し,1ムロ(室)という地形地名が地形的な囲繞に対する認識の表明であることに着目,2ムロ系の地名をわが国の沿海部に限って地形図より抽出した.3そのうち,囲繞の認識以外が語源であるとみられるものを除く地名30件について,対応する空間の規模を計測し,4規模の分布範囲を求めるとともに,これを多角的な観点から位置づけ,その規模のもつ空間計画上の意味を明確にした.
 本研究によって,地形による囲繞感は,樹木の見え方にもとづく景観的な距離の区分でも人間の歩行心理からみても親しみやすい印象を与え得る空間規模(一辺200-400mの正方形に相当)によって得られる可能性の高いことが明らかとなった.
全文 vol031-no02-05.pdf(PDF/3.0MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る