箱型浮体の波浪による断面力の計算法

発行年月 1992年6月 港湾空港技術研究所 報告 031-02-04
執筆者 上田茂,白石悟,石崎崇志
所属 構造部 海洋構造研究室
要旨 著者の2人は,箱型浮体について浮体の動揺を考慮して垂直せん断力および垂直曲げモーメントを求める簡便な計算方法を提案している.すなわち,箱型浮体に作用する流体力係数を伊藤の二次元近似理論による数値を用いて計算することとしたものでパソコンなどで容易にプログラミングできるものである.この方法によりこれまで比較的浅海域における箱型浮体の断面力の計算が行われてきた.しかしながら,大水深においては,ヒービングの付加質量およびローリングの付加慣性モーメントが過大になり断面力の計算値が適切でないことが判明したので,流体力係数の計算法を木原による二次元厳密解に改め,大水深における適用性を図った.また,本報告では前報に示した垂直せん断力および垂直曲げモーメントのほか,ねじりモーメント,水平せん断力,水平曲げモーメントを計算して示した.
全文 vol031-no02-04.pdf(PDF/1.5MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る